会社売却とは

一昔前は会社売却は事業の失敗の意味合いが多かったですが、近年においては経営手段の一部と捉えられています。立ち上げた時の金額の何十倍、何百倍もの値段で売却して新しい事業を展開したり拡大したりすることは、新しいビジネススタイルとして確立されています。

会社売却を検討している方で多い悩み

ビル

売却できるのかどうか

小規模な会社やキャッシュフローの少ない事業の経営者は、会社売却を検討しているものの本当に売れるのかどうか悩んでいる人が多いようです。しかし、中小企業やニッチな事業でも買取を望む会社は多いので不可能ではありません。短期間で売却できることもあります。

どれぐらいの価格がつくのか

会社売却での悩みで大きいのは、自社にどれだけの価格がつくかということです。客観的な価値を知るには専門業者のサポートが必要となりますが、だいたいの企業価値算定額を知ることができます。その金額を踏まえて売却のタイミングなどを決めることができるでしょう。

サポート業者の選び方がわからない

会社売却には専門的な知識が必要なため、会社売却に長けた専門のサポート業者の助けは必須となります。しかし、どの業者を選べば良いのかわからないことが事業主の悩みの種となるようです。口コミでの評判がよく、実績やノウハウのある業者を選ぶのが賢明です。

良い条件で会社売却を行う【ポイントを押さえて賢く売却する】

男女

M&Aを得意としている業者に依頼

会社売却は時間のかかる作業であり良いタイミングで売るにはそれなりのノウハウも必要です。出来るだけ良い条件で会社売却をするには、M&Aを得意としている業者に依頼するのがおすすめです。高く売るためにはどうしたらよいかなど、アドバイスもしてくれるので頼りになります。買取を希望する業者の調査をして、売却の条件の交渉もしてくれます。会社売却の取引の際に必要な法的知識や税務知識なども、安心して任せることができるでしょう。

ビル

実績や評判をチェックしよう

会社売却をサポートしてくれる業者を選ぶ際には、実績や評判が一番の目安となります。業者の実績を調べるにはHPをチェックする方法があり、評判は口コミや比較サイトで確認することができます。ただ、実績の多い業者の中には中・小企業は取り扱わないところもあるので、規模の小さい業者に相談するのがおすすめです。業者の大きさよりも、自分の会社を売却するのに適しているかどうかで判断するようにしましょう。

会社をたたむのとM&Aの違い

会社をたたむと借金が残る

会社をたたむと廃業となり、在庫や土地の価格は半額以下に評価され、ほとんどの場合借入金が資産処分で賄えずに借金を背負うことになります。

M&Aは手元にお金が残る

M&Aは純資産価値に営業権をプラスした価格で取引されるため、手元にお金が残ります。営業権は税引後利益の3年から5年分となり、かなりの金額がもたらされます。

香港ビザを取得したいならこちらに相談しよう

会社売却についての疑問を解決しよう♪